教師不祥事ニュース◆世も末な、しくじり先生のトラブル事件・愚か者よ恥を知れ!

わいせつ・セクハラ・盗撮・パワハラ・体罰・暴力・飲酒運転・窃盗・横領の悪行蛮行は、ポンコツ教員連中のお家芸で年中無休の風物詩。好き勝手でやりたい放題三昧な素行不良ぶり。義務と責任を放棄し自ら墓穴を掘った自業自得の分際で、名誉棄損だのプライバシー侵害だの、自己保身の権利主張をするギャグをホザくのはやめてくれ。

兵庫県立飾磨工業高校柔道部監督の三輪光を体罰で停職3カ月!部員の顔を拳で殴り踏みつけ、死ね、殺したろかと暴言脅迫

兵庫県立飾磨工業高校教諭の三輪光(55)
・柔道部顧問
・体育教師
・兵庫県姫路市出身
・国際武道大学卒(偏差値35・Fランク)
・前任校は明石南高校、相生産業高校



姫路市の工業高校の柔道部で複数の部員に体罰を行ったなどとして、顧問の男性教諭が停職3か月の懲戒処分を受けました。この教諭は、部を全国制覇に導いた経験があり、教育についてつづった著書も出していました。停職3か月の懲戒処分を受けたのは、姫路市にある県立飾磨工業高校の三輪光教諭(55)です。県教育委員会によりますと、三輪教諭は定時制の柔道部の顧問を務めていましたが、2018年4月から2019年12月にかけて、練習中に複数の部員を拳で顔をたたいて口や鼻から出血するけがをさせたほか、部員の顔を踏みつけ、「死ね。おまえなんかいらんわ。ほんま殺したろか」と暴言を吐いたということです。聞き取りに対し、三輪教諭は「練習中にペットボトルで背中や肩をたたいたことはあるが、けがをさせたり暴言を吐いたりしていない」などと話しているということです。また、同じ柔道部の顧問だった20代の男性の臨時講師も、部員の頭を平手でたたく体罰を行ったなどとして、減給10分の1、6か月の懲戒処分を受けました。県教育委員会は「極めて遺憾であり、体罰などの非違行為の根絶に向けて、改めて研修を実施するなどして再発防止に努めたい」としています。[2020.3.24 NHK神戸]




拍手[0回]

コメント

スポンサードリンク

ブログ内検索

バーコード